Gender vs. Sex

英語論文で被験者の性別について表したい時、GenderとSexのどちらを使うべきですか?

男性、女性という性別を表す時、日本語では「性別」という語しかありませんが、英語ではgenderとsexの両方がありどちらを使うか迷われる方もいらっしゃると思います。 また、中には同じ英語論文の中で時にはgenderと書か […]

Alternatives to many or a lot of Final (1)

英語論文にmanyやa lot of がたくさんあり過ぎる時はどうしたら良いですか?

英語論文執筆時に特に初心者の方は “Many” または “A lot of”を多く使う傾向にあります。

Manyの使用が文法的に間違っていなくてもあまり”Many”を頻発すると英語論文全体にインパクトがなく、洗練されていない印象を与えかねません。

一方 “A lot of”はジャーナルによっては受け入れられる場合もありますが、口語的過ぎる、カジュアル過ぎると言う理由で最もフォーマルなライティングの舞台である英語論文で “A lot of”が使用されることを嫌う査読者もいらっしゃるということは事実です。

恐らく何かもっと良い代替案を検討した方が安全です。

例えば、最初のイントロダクションでたくさんの研究である特定の事実が示唆されているということを書く場合、多くの初心者の方が例えば以下のような文を書かれます。

  1. Many studies suggest that the brain absorbs more information in the morning than in the evening.

多くの研究が脳は夕方よりも午前中に多くの情報を吸収することを示唆している。

  1. A growing body of evidence suggests that the brain absorbs more information in the morning than in the evening.

一連の積み重なる証拠が脳は夕方よりも午前中に多くの情報を吸収することを示唆している。

しかし、ここで“Many studies”の代わりに “A growing body of evidence”を使ってみてはいかがでしょうか?

日本語だと「一連の積み重なる証拠」という意味になりたくさんの研究結果がある特定の事実を示唆し続けていることを示すため、これから紹介される仮説などがより信頼性があるものであることをそれとなく読者に伝えることができます。

Manyやa lot ofの代替案としてざっと以下が考えられます。

A growing body of evidence 一連の積み重なる証拠
Numerous 多数の、おびただしい、大勢の
A multitude of X 多数の、多くの、大勢のX
A substantial number of かなりの数の、多くの、大勢のX
Several いくつかの、数名の
Multiple 多数の、多様な、複雑な、多くの部分からなる
A plethora of 有り余るほどの、過多の、過度の
A variety of 様々な、色々な
A wide range of 広範囲な、広範な
A large volume of data 大量のデータ
A considerable amount of evidence (量・数が)かなりの証拠

英語論文をざっとみてManyが頻発されていることに気づいたら、まず単に数が多いことを表すNumerous, A multitude of, または a substantial number ofなどで置き換えられるか考えてみてはいかがでしょうか?

3. Despite our growing knowledge, there remain numerous challenges associated with this approach.

知識が次第に積み重なっているのは事実だがこのアプローチにはまだたくさんの課題が残っている。

4.  While a multitude of strategies has been used to address this issue, studies that focused on XXX are scarce.

この課題の解決のため多くの取り組みがなされたがXXXに焦点を充てた研究は不足している。

以下はすでに冒頭でManyを使ってしまった場合などに “a substantial number of” が有用な例です。

5. Although many cases of this condition have been reported in families with established histories of XXX, a substantial number of cases are affected by environmental factors.

この症状はXXXの一定の病歴がある家系で多く見られるが、かなりの数の症例が環境要因に影響されることがわかっている。

もしA few よりは多くmany よりは少ない3~5の数の何かを表したいならseveralがベストかも知れません。

6. Several drugs are known to target G-protein coupled receptors for their therapeutic effect.

いくつかの薬がGタンパク質共役型受容体を標的化する治療効果で知られている。

ただ単に数が多いだけでなく多様性や複雑さを強調したい場合はmultipleがしっくり来ます。

7. Multiple therapeutic strategies have failed in the treatment of pancreatic cancer.

たくさんの複雑な膵がんの治療計画が失敗に終わっている。

“A plethora of”はmanyとほぼ同じ意味ですが「過度に多い」という意味合いが強くなるので必ずしもいつもmanyと置換できるとは限りませんが、文脈によっては検討する価値があるかも知れません。

8. A plethora of studies concerning XXX has overlooked YYY.

多すぎる程のXXXに関する先行研究がYYYを見過ごしてきた。

ただ単に数が多いだけでなく、その状況の多様性を強調したい場合は様々な、より多様であることを表す “A variety of”の方が適切かも知れません。

9. Regular participation in physical exercises decreases a variety of risks including depression, fatigue, obesity, and hypertension.

定期的な運動はうつ病、疲労、肥満、高血圧などの様々なリスクを軽減する。

厳密にはただ単に数が多かったと言うだけでなく広範囲にわたる効果などが認められた場合は “A wide range of”の方が良いかも知れません。

10. A wide range of pharmacological effects are observed upon treatment with statins.

広範囲にわたる薬理効果がスタチン系薬剤による治療で認められた。

最後にA lot of dataは間違いではありませんが、英語論文では口語的な表現は出来るだけ避け “A large volume of data” または “A considerable amount of data”の方が適切です。

また、DataはDatumの複数形なので基本的に複数として扱いましょう。

Considerableを使うと単に量・数がかなりであるという意味だけでなく、考慮に入れるべき、無視できない程のというニュアンスもあるので上手く使うとちょっとした言葉の選択で説得力が増すかも知れません。

11. A large volume of missing data impacted the study’s sample size.

大量な損失を被ったデータが私たちの研究のサンプル数に打撃を与えた。

 

12. Several trials have yielded a considerable amount of evidence showing the efficacy of SGLT2 inhibitors in heart failure.

いく回かの試験でナトリウム・グルコース輸送体2の心臓まひへの効能のかなりの証拠が得られた。

いかがでしたか?ご質問やご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。

 

Alternatives to significant No.3

Significantを英語論文で使ってはいけないって本当ですか?

Significantには重要な、重大なという “important”と同じような意味合いがありますが、英語論文で “significant”を使う場合は「統計的に有意な」結果が出た時だけに使用を限定した方が良いというのが一般的なルールです。

これには統計的に有意な結果が出た時だけにSignificantの使用を限定することで、そうでない結果との混乱を防ぎたいという意図があります。

ですからもし皆様の英語論文内にSignificant をただ単にimportantと同じような「重要な、重大な」という意味合いだけで使用している箇所があった場合はそのSignificantという語を何か他のimportant の同義語(synonym)に置き換えて読者の混乱を防ぐ必要があります。

例えば以下のようにSignificantを使っていらっしゃる場合はSignificantの代わりに何か別の語を考えた方が良いでしょう。

Thus, it is significant to understand the possible effects of XXX.
したがって、XXXの考えられる影響について理解することが重要なのです。

もちろんこの場合significantをimportantに置き換えるのも一案ですが、importantをあまり頻発し過ぎるとimportant そのものの重要性が薄れ、インパクトに欠けた英語論文になってしまう場合もあります。

この部分にどの語を選ぶかで研究の重要性の伝わり方が左右されるのでじっくりと吟味して考えてみましょう。

Significant、またはimportantの代替案としてざっと以下が考えられます。

Noteworthy 注目に値する、顕著な、目立つ
Critical 決定的に重要な
Crucial 極めて重要な、決定的な、必要不可欠の
Imperative 緊急に絶対に必要な
Essential 必要不可欠な、極めて重要な
Indispensable 不可欠な、欠くことの出来ない、絶対必要な
Vital 不可欠な、きわめて重要な
Compelling 注目せずにはいられないほど重要な
Invaluable 計り知れないほど重要な
Influential 影響力の大きい
Meaningful 有意義な
Momentous 将来に大きな影響を与えるほど重要な
Extensive 広範囲に、多方面に渡って影響が大きい
Far-reaching 広く適用できるほど重要な
Paramount 何にも増して重要な
Pivotal 枢軸のような、中枢の、重要な

まず、統計的に有意な結果までには至らなかったが、注目すべき点はあることを伝えたい時には注目に値する、顕著な、目立つという意味のnoteworthyが便利です。

It is noteworthy that XXX showed signs of YYY.
XXXがYYYの兆候を見せたことは注目すべきことである。

CriticalやCrucialは何か物事の命運を決定的に左右するほどの重要な決断に繋がるような重要性を示唆したい場合に有用です。

XXX plays a crucial role in the diagnosis.
診断にXXXは(決定的に)重要な役割を果たす。

Imperativeには緊急性があり、何らかの事柄が緊急に絶対必要であるという切羽詰まった緊急性に満ちた重要性を表したい時に使うと効果的です。

Understanding the XXX mechanism is imperative to the development of effective targeted therapies.
XXXの仕組みを理解することは効果的な標的治療の開発に(急を要して)絶対必要である。

Essential、indispensable、vitalも絶対必要であるという意味合いでは同じですが特にindispensableやvitalの場合は無くてはならない、欠くことができない、この事柄がなければ何らかのシステムは機能しない、これがなければ回って行かないというほどの不可欠な重要性を意味します。

XXX is indispensable for YYY production.
YYYの製造にXXXは(欠くことができないほど)重要だ。

一方、Compellingはほぼいつもevidence(証拠)と共に使われ注目せずにはいられないほど重要な証拠を指します。

Our results provide compelling evidence that XXX is YYY.
私たちの結果はXXXがYYYであるということを示す(注目せずにはいられないほど)重要な証拠である。

Invaluableは計り知れないほどの価値がある重要性を表すので皆様の研究結果が今後、一般社会や学術界にどのような影響を与えるかについて最後にDiscussionで言及される時に有用です。

同様にinfluential 影響力の大きい、meaningful 有意義な、momentous 将来に大きな影響を与えるほど重要なもご検討ください。

Our results represent a momentous step toward XXX.
私たちの研究結果はXXXへ向けた(将来に大きな影響を与えるほど)重要な第一歩である。

他にはextensive広範囲に、多方面に渡って影響が大きい、far-reaching 広く適用できるも、研究結果の影響が幅広く色々な分野や地理的に広い範囲に適応される場合などに使うとより的確でインパクトのある締めくくりになり得ます。

Our results have far-reaching consequences for XXX.
 私たちの研究結果は(広範囲に)XXXに重要な結果をもたらす。

Pivotとは英語で旋回軸を表します。その関連語であるPivotalは枢軸の(ような)、中枢の、重要なという意味でimportantの代替案として特にその事柄がある特定のメカニズム(仕組み)の中枢的な役割を果たし、その事柄がなければそのメカニズムが回って行かないほど重要であることを表す時に有用です。

Vitamin D deficiency plays a pivotal role in decreasing the risk of COVID-19 mortality rate.

ビタミンD欠乏は新型コロナウイルス感染症のリスクを軽減する上で中枢的な役割を果たす。

最後にどうしてもimportanceという語が使いたい方はparamount importanceを使うと「何にも増して重要だ」という意味になります。

XXX is of paramount importance to YYY.
XXXはYYYに取って(何にも増して)重要だ。

いかがでしたか?ご質問やご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。

FireShot Capture 228 - Coronavirus COVID-19 (2019-nCoV) - gisanddata.maps.arcgis.com

GitHubで統計データが無料で入手できるジョンホプキンス大学のコロナウィルス感染拡大マップ

アメリカのジョンズホプキンス大学は2019年度にUSニューズ&ワールド・レポート誌の大学医学校ランキングで第二位に選ばれた世界で最も権威ある大学医学校の一つです。

このジョンホプキンス大学の医療安全保障センターのシニア・スカラーで准教授のジェニファー・ヌッゾ博士は2020年2月6日ブルームバーグのインタビュー(以下ビデオ参照)でコロナウィルスに対処する今後のアプローチは感染の拡大を防ぎ重病になったり死亡するリスクが高い人を守るアプローチに切り替えるべきだとの見解を述べました。

また、今回のコロナウィルスの流行をジョンズホプキンス大学の専門家を始めとする多くの専門家がpandemicつまり「世界的流行、感染爆発」と呼んでいることでパニックを起こしている人もいる背景を受け、このインタビューの中でヌッゾ博士はpandemicの意味をわかりやすく説明しています。

このインタビューを見ればpandemicと聞いてパニックを起こしている人は恐らくpandemicという言葉の意味がよくわかっていないと考えられることがわかります。

Pandemicつまり「世界的流行」とは地理的な観点から世界中に広がる可能性があることを表しており、必ずしも病気の深刻さを表しているわけではないことがわかります。疫学的な観点からどれくらい早く広範囲に広がることを表しているということです。

実際、現時点で報告されている症例を基に換算したコロナウィルスによる死亡率は2%程度で、軽い症例が数えられないことなども考慮すると実際には恐らく2%より低いと考えられるからです。

世界的に人口密度が増え、飛行機などの交通手段の発達で36時間もあれば世界中どこでも行けるようになったという要因に加えて、森林の伐採により今まで人々が遭遇しなかったような野生動物に遭遇していることや地球温暖化による気候変動により今までに病原菌が拡がらなかったような場所に病原菌が拡がるようになり、伝染病発生の頻度、発症率共に拡大している研究結果があることも指摘しています。

ジョンホプキンス大学のシステム科学&工学センターはコロナウィルスの世界的流行を受け、世界地域の感染拡大の報告された症例数が日々更新される「コロナウィルス感染拡大世界マップ」をネット上に作成しました。

このマップに載っている死亡者数、感染者数などのデータは世界保健機構(WHO)米国疾病管理予防センター(CDC)欧州疾病予防管理センター(ECDC )また、中国の疾病管理予防センター(CCDC)などから集計されたデータを活用しています。

また、このデータはマップ下部のDownloadable database: GitHub: Here.と書いたところをクリックするとGitHubで統計データがダウンロードできるようになっています。

▼「コロナウィルス感染拡大世界マップ」へのリンク
https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6

【情報源】

Bloomberg. (2020, February 6). Johns Hopkins Nuzzo says current approach to coronavirus isn’t working [Video file]. Retrieved from https://www.msn.com/en-gb/money/video/johns-hopkins-nuzzo-says-current-approach-to-coronavirus-isnt-working/vi-BBZJrg6

Gardner L. (2020, January 23). Mapping 2019-nCoV [Blog post]. Retrieved from https://systems.jhu.edu/research/public-health/ncov/

John Hopkins CSSE (2020, February 7). Coronavirus 2019-nCoV global cases [Webpage]. Retrieved from https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6

Discussion 2

英語論文のディスカッション・セクションを書き始める前に自身にじっくり問いかけるべき11の質問

初めて英語論文を執筆される若手の方はディスカッションを書く際に何から始めれば良いか悩まれる方も多いと存じますが、これらの質問にひとつひとつ丁寧に答えて行くだけで自然にディスカッションが完成します。

ベテランの方でもすぐにディスカッション・セクションを書き始めようとするのではなく、以下の質問を自身にじっくりと問いかけ、これらの質問の回答を出来るだけ多く雑記帳にメモしてアイデアを2~3日十分膨らませるひと手間を惜しまないことでディスカッションにグンと差が付きます。

英語論文におけるディスカッションは著者の思考力が最も問われる舞台であるため同じ研究結果が出たとしても着眼点の面白さや洞察の深さそしてアイデアのプレゼンテーション方法により英語論文を活かすも殺すも出来る著者の手腕が最も問われる英語論文の要の部分です。

これは言い換えれば例え仮説が支持されなかったとしても諦めるべきではなく、なぜ仮説が支持されなかったかに関する深い洞察力に溢れる考察をディスカッションで展開することが出来れば採択される可能性を高めることが出来るという事です。

あるいはある特定のジャーナルから残念ながら採択されず、戦略を変えて他のジャーナルに再挑戦される場合ももう一度ディスカッションを検討し直すことにより英語論文全体の印象を改善できる場合もあります。

ご自身が出版されたいターゲット・ジャーナルやご自身の分野のトップ・ジャーナルに出版された英語論文でこれらの質問への回答がどのようプレゼンテーションされているかに関する特徴を調査されることも一案です。

特に質問4、5、8は著者の思考力や発想力が問われ英語論文を活かすも殺すもできる大きな鍵となりますから共著者の方々ともじっくりと話し合い出来るだけアイデアを出しあって(ブレインストーミングして)考えましょう。

質問9にどう応えるかで皆様の研究のインパクトが左右されます。

1. イントロダクションで紹介された研究の目的は?イントロダクションで述べた研究の目的をパラフレーズしてみましょう。

2. 研究の鍵となる結果、新しい発見は?

3. この研究の強みまたは特徴は何だろう?先行研究と違う点、目新しい点、珍しい点は何だろう?

4. 皆様の仮説や想定していたことと鍵となる結果の関係は?予想通りの結果でしたでしょうか?驚きの結果や発見がありましたか?もしそうならなぜそのような驚きの結果や発見が出たのでしょうか?

5. イントロダクションで紹介した先行研究の結果と照らし合わせて皆様の研究の結果は何を表しているのでしょうか?先行研究と同様の結果の場合は何が示唆されているでしょう?あるいは先行研究とは違う結果だった場合は何が示唆されているでしょうか?

6. 皆様の研究の限界は何だったでしょう?どんな素晴らしい研究にもなんらかの限界があります。限界がない研究はありません。少ない症例数、データの収集期間が短かったなど何らかの限界があるはずです。考えられる限界を全てリストしてみましょう。

7. 皆様の研究の結果はどれ位一般化出来るものでしょうか?つまり他の文化、国、地域、対象者、環境などで同じ研究を行った場合、同じ結果が出ることが想定される可能性はどれ位でしょうか?もし一般化出来る可能性が低い研究結果ならばそのことについて読者に警告する必要があるかも知れません。

もし先ほどリストした限界がなかったら違う結果が出ることが想定されますか?もしそうならどうしてそのような結果が想定されるのでしょうか?

9. 皆様の研究結果は皆様の分野の理論、モデル、パラダイムにどのような影響を与えるでしょうか?皆様の研究結果は皆様の分野や一般社会にこれからどのようなプラスの影響を与えることが想定されますか?つまり研究のimplicationsは?

10. 皆様の研究でまだ答えられていない疑問が残っていますか?

11. 次の研究の課題は何でしょうか?皆様の研究結果に積み重ねるかたちで他の研究者は次に何をするべきでしょうか?次に研究を行う他の研究者は皆様と違う何に気を配るべきでしょうか?

Thereby No.2

日常的には古語でも英語論文では便利に使えるtherebyの活用法

皆様は英語論文を書いていらっしゃって文章がなかなか簡潔にまとめられず悩んだことはありませんか?こんな時therebyの使い方をマスターしていると便利です。

日常的には時にOld Englishつまり古語と称されtherebyはあまり使われなくなったにも関わらず英語論文では簡潔に文章をまとめる上で分野を問わずよく活用されます。

Therebyは「それによって、そのため」を意味する副詞で、何らかのアクションをしたことにより何らかの結果がもたらされることを表します。

例えばWe cleaned up the clutter in our laboratory, thereby making it easier to conduct an experiment. というように散らかった研究室を掃除したというアクションを持って、実験がしやすくなったという結果がもたらされたことが示せます。

この時、therebyの前にはカンマを置きmakingといった動詞の原形にingがついた分詞ではじまる分詞構文がカンマとtherebyの後に続きます。

Therebyを上手く使えるようになるにはまずTherebyとThereforeの違いについて理解しておくことが大切です。

日本語では「それによって」という意味のTherebyは時に「したがって、それゆえに」という意味のThereforeとよく混乱されます。

上記の例文からもわかるようにTherebyもthereforeも何らかの結果をもたらすという点は同じで非常に似通った意味合いですが、厳密に言えばtherebyが何らかのアクションを持ってもたらされた結果を表す場合に使われる一方でthereforeは何らかの理由を持ってもたらされた結果を表す時に使われます。

つまり1番の文は研究室を掃除したというアクションに焦点が置かれて書かれていることがわかります。

このように何らかのカギとなるアクションによってもたらされる結果であることを強調したい時にはtherebyを使って英語論文を書くと重要ポイントにより注目が集められます。

Before

After

同じことを述べるならより簡潔な文の方が良いというのが科学英語の黄金の鉄則ですから断然こちらのAfterのヴァージョンがジャーナル出版に適していることがわかります。

Beforeの文は英文法的には間違ってはいませんが査読者からは「回りくどい」と指摘を受けることが想定されます。

Before

After

Therebyを使うことでSubstance Wのアクションを強調しながら結果をひとつの文ですっきりとまとめることができました。

先ほどの文と見比べて皆様もお気づきのようにジャーナルでは他者が行った先行研究を現在形で書く一方で自身の研究結果は過去形で書く場合が多いという傾向にあります。

これはAnnals of Internal Medicineでtherebyが使われている例です。この例ではHCVを治癒するというカギとなるアクションを持ってリスクが減らされるという結果がもたらされるのでtherebyが的確に活用されているということがわかります。

こちらはNew England Journal of Medicineでtherebyが使われている例です。

ここではナトリウム・グルコース共輸送体2の抑制剤が高血糖障害を減速させるというアクションがカギとなりurinary glucose excretionがincreaseするという結果がもたらされているのでtherebyが使われています。

こちらはAmerican Journal of Sports Medicineからの例です。

ここでは先行研究が示唆したアクションを持ってある特定の患者のリスクが高まることがtherebyを用いて示されています。

まとめるとTherebyは「それによって、そのため」を意味する副詞で、後に分詞構文を取り何らかのアクションをしたことによって何らかの結果がもたらされることを表します。

特に英語論文では何らかのアクションに注目を集めたい時に使うと効果的です。

いかがでしたか?ご質問やご不明な点がございましたらお気軽にご連絡下さい。

Recommended sites

ジャーナルに出版された文献がラクラク読める5つのお勧めサイト

ここで紹介させて頂く以下のScience Dailyを始めとする4つのサイトでは様々な分野の有名ジャーナルに出版された最新の研究が専門知識が乏しい一般人にも親しみやすいわかりやすい科学英語で紹介されています。

わかりやすい科学英語でまず読んでみることの利点

Science Dailyなどの記事で親しみやすい科学英語にまず慣れることは今後、皆様が英語研究プレゼンテーションをされる時にわかりやすい口語的な英語で聴衆に話しかける時の参考にもなります。

また、英語論文を書く時はジャーナルで報告された研究結果を自分の言葉に換えて書かなければいけませんから同じことを違う言葉で言い換えるにはどう書けばよいか?

つまりパラフレーズをするにはどうすれば良いか考える時にこれらのサイトで書かれている例が参考になります。

これらのサイトを上手く活用できると皆様が今後キャリアを積まれていく中でリーディングだけでなくプレゼンテーションやライティングなど色々な場面で基礎となる英語の力が最新の研究について知りながら鍛えられます。

皆様はGreat ScientistとただのScientistの違いはどこにあると一般的に欧米で言われていると思われますか?

それはプレゼンテーション能力、特に難しい自分の専門分野の研究を自分の分野以外の他の科学者にも一般の人にもわかりやすく説明する力にあると言われています。

その理由は自分の研究を自分以外の専門分野の人にわかりやすく説明できる能力がある科学者は色々な分野の人々と共同研究をしたり、色々な大きなプロジェクトに参加したり出来るきっかけがつかめるため自分の分野の中に埋もれたままにならずGreatに飛躍できるきっかけがつかめるというわけです。

そればかりか自分の研究の重要性についてビジネスピープルなどにもわかりやすく説明できるので資金や寄付を得られる可能性も高まりますますgreatになれるというわけです。

ですから皆様がわかりやすく一般人にもわかる英語で書かれた研究とその基になった実際のジャーナル文献の英語を読む練習を並行して行われることにより、異なる聴衆や読者へのアプローチの仕方が把握きるようになるため皆様の将来のキャリアに役立ちます。

もちろんこれから初めて英語論文を書き始める方は英語論文を書く第一歩と言えるパラフレーズをする参考にもなりますのでこれらのサイトに掲載された英文記事をまず読んでから実際にジャーナルに出版された文献を読まれることをお勧めします。

これらのサイトの詳しいナビゲーション方法については以下のビデオをご参照ください。

  1. Science Daily
  2. Phys.org
  3. EurekAlert!
  4. Medical Xpress (医療系に特化)
  5. Tech Xplore (工学系に特化)

以下のタイムスタンプをクリックするとビデオでお好きなサイトの説明箇所から視聴できます。

1:10 Science Daily.com

6:40 Phys.org

7:59 EurekAlert!

9:45 Medical Express