Alternatives to significant No.3

Significantを英語論文で使ってはいけないって本当ですか?

Significantには重要な、重大なという “important”と同じような意味合いがありますが、英語論文で “significant”を使う場合は「統計的に有意な」結果が出た時だけに使用を限定した方が良いというのが一般的なルールです。

例えば Clinical Orthopaedics and Related Research投稿規定には ”We generally avoid the terms ‘significant’ and ‘significantly’ in favor of presenting the data and statistics plainly” との記載があります。

これは”significant”や“significantly”の使用は統計的に有意な結果が出た時だけに限定しなさいという指示です。

この規定には統計的に有意な結果が出た時だけにSignificantの使用を限定することで、そうでない結果との混乱を防ぎたいという意図があります。

ですからもし皆様の英語論文内にSignificant をただ単にimportantと同じような「重要な、重大な」という意味合いだけで使用している箇所があった場合はそのSignificantという語を何か他のimportant の同義語(synonym)に置き換えて読者の混乱を防ぐ必要があります。

例えば以下のようにSignificantを使っていらっしゃる場合はSignificantの代わりに何か別の語を考えた方が良いでしょう。

Thus, it is significant to understand the possible effects of XXX.
したがって、XXXの考えられる影響について理解することが重要なのです。

もちろんこの場合significantをimportantに置き換えるのも一案ですが、importantをあまり頻発し過ぎるとimportant そのものの重要性が薄れ、インパクトに欠けた英語論文になってしまう場合もあります。

この部分にどの語を選ぶかで研究の重要性の伝わり方が左右されるのでじっくりと吟味して考えてみましょう。

Significant、またはimportantの代替案としてざっと以下が考えられます。

Noteworthy 注目に値する、顕著な、目立つ
Critical 決定的に重要な
Crucial 極めて重要な、決定的な、必要不可欠の
Imperative 緊急に絶対に必要な
Essential 必要不可欠な、極めて重要な
Indispensable 不可欠な、欠くことの出来ない、絶対必要な
Vital 不可欠な、きわめて重要な
Compelling 注目せずにはいられないほど重要な
Invaluable 計り知れないほど重要な
Influential 影響力の大きい
Meaningful 有意義な
Momentous 将来に大きな影響を与えるほど重要な
Extensive 広範囲に、多方面に渡って影響が大きい
Far-reaching 広く適用できるほど重要な
Paramount 何にも増して重要な

まず、統計的に有意な結果までには至らなかったが、注目すべき点はあることを伝えたい時には注目に値する、顕著な、目立つという意味のnoteworthyが便利です。

It is noteworthy that XXX showed signs of YYY.
XXXがYYYの兆候を見せたことは注目すべきことである。

CriticalやCrucialは何か物事の命運を決定的に左右するほどの重要な決断に繋がるような重要性を示唆したい場合に有用です。

XXX plays a crucial role in the diagnosis.
診断にXXXは(決定的に)重要な役割を果たす。

Imperativeには緊急性があり、何らかの事柄が緊急に絶対必要であるという切羽詰まった緊急性に満ちた重要性を表したい時に使うと効果的です。

Understanding the XXX mechanism is imperative to the development of effective targeted therapies.
XXXの仕組みを理解することは効果的な標的治療の開発に(急を要して)絶対必要である。

Essential、indispensable、vitalも絶対必要であるという意味合いでは同じですが特にindispensableやvitalの場合は無くてはならない、欠くことができない、この事柄がなければ何らかのシステムは機能しない、これがなければ回って行かないというほどの不可欠な重要性を意味します。

XXX is indispensable for YYY production.
YYYの製造にXXXは(欠くことができないほど)重要だ。

一方、Compellingはほぼいつもevidence(証拠)と共に使われ注目せずにはいられないほど重要な証拠を指します。

Our results provide compelling evidence that XXX is YYY.
私たちの結果はXXXがYYYであるということを示す(注目せずにはいられないほど)重要な証拠である。

Invaluableは計り知れないほどの価値がある重要性を表すので皆様の研究結果が今後、一般社会や学術界にどのような影響を与えるかについて最後にDiscussionで言及される時に有用です。

同様にinfluential 影響力の大きい、meaningful 有意義な、momentous 将来に大きな影響を与えるほど重要なもご検討ください。

Our results represent a momentous step toward XXX.
私たちの研究結果はXXXへ向けた(将来に大きな影響を与えるほど)重要な第一歩である。

他にはextensive広範囲に、多方面に渡って影響が大きい、far-reaching 広く適用できるも、研究結果の影響が幅広く色々な分野や地理的に広い範囲に適応される場合などに使うとより的確でインパクトのある締めくくりになり得ます。

Our results have far-reaching consequences for XXX.
 私たちの研究結果は(広範囲に)XXXに重要な結果をもたらす。

最後にどうしてもimportanceという語が使いたい方はparamount importanceを使うと「何にも増して重要だ」という意味になります。

XXX is of paramount importance to YYY.
XXXはYYYに取って(何にも増して)重要だ。

いかがでしたか?ご質問やご不明な点がございましたら以下のコメント欄にコメントして頂けましたら喜んで回答させて頂きます。

また、他にもsignificant または importantの代替案として使える語がございましたらコメントして頂けるとありがたいです。

ニュースレター購読お申込み
個人情報保護方針に同意します。
ニュースレター購読をお申込みいただくとブログの記事が更新されるとお知らせメールが届きます。購読はいつでもキャンセルできます。
お客様の個人情報は厳重に管理します。詳しくは個人情報保護方針のページをご覧ください。
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on email
Eメール
Share on print
印刷する

コメントを追加する

あなたのメールアドレスは公開されません。必須フィールドは*マークされています