Warrant, warranted, unwarrantedの英語論文中での使い方

英語論文でWarrant, Warranted, Unwarrantedはどのように使えば良いのですか?

“Warrant,” “Warranted,” “Unwarranted”は全て同じような単語ですが文脈により意味が異なってくるため英語論文で最もよく見られる使い方を紹介した例文と解説させて頂きます。

まず、英語論文で最も使われる表現のひとつに以下の例文の “warrant further investigation”という熟語があります。これは「さらなる研究を正当化する」という意味です。

1番の例では今回の研究で明らかになった課題の探究は恐らくより大きな成果に繋がる可能性が示唆されるため今後の研究で他の研究者の方々が時間と労力をかけて研究するだけの価値があることを示しています。

  1. These issues raised in our study warrant further investigation into the mechanical properties of the cells.

この研究で浮かび上がった課題は細胞の機械的性質のさらなる研究を正当化する(時間と労力をかけることに値する)ものである。

2番は1番と同じ “warrant further investigation”ですが、SGLT2阻害薬が長期にわたり心臓に悪影響を及ぼすことが今回の研究でわかったので今後この課題について「更なる研究の必要性が示された」という意味合いが強調されています。

2. The elucidation of the long-term cardiac effects of SGLT2 inhibitors warrants further investigation.

SGLT2阻害薬が長期にわたり心臓に及ぼす影響が明らかになったことで更なる研究が正当化された(必要性が示された)

3番はアンジオテンシン変換阻害薬の使用が血管性浮腫の発症に繋がる可能性が今回の研究で示唆されたので他の薬の使用が正当化された、論理的根拠が成立したことを表しています。

3. The development of angioedema warrants the substitution of an angiotensin converting enzyme inhibitor by an angiotensin receptor blocker.

血管性浮腫の発症はアンジオテンシン変換阻害薬をアンジオテンシン受容体遮断薬で置換することを正当化するものである(論理的根拠を与えるものである)

4番の“warrant the conclusion”も英語論文でよく使われる熟語で「結論を支持する」、「結論の信頼性を高める」という意味でディスカッション・セクションで研究結果について考察する時によく使われます。

4. The correlation coefficients were too small to warrant the conclusion that air pollution levels are associated with the prevalence of diabetes.

相関係数が小さすぎたため大気汚染の程度が糖尿病の有病率に関連するという結論を支持する(結論の信頼を高める)には至らなかった

5番の“Warrant a diagnosis of A”も同様にある特定の細胞の異常などが「診断を正当化する」、「診断の信頼を高める」という意味で診断のカギとなる事柄を強調して書きたい時に有用です。

5. Specific abnormalities in cells warrant a diagnosis of cancer.

細胞の特異的異常はがんの診断を正当化する(診断の信頼を高める)

6番と7番は今までの例より単純でさらなる研究や個別の治療プログラムが「当然必要である」ことを表しています。

6. Additional studies are warranted to determine whether Omega-3 fatty acids prevent psychiatric disorders.

オメガ3脂肪酸が精神疾患を防ぐかどうかについてはさらなる研究が当然必要である

7. An individualized therapy program is warranted to address the specific needs of each patient.

各患者特有のニーズに対処するために個別の治療プログラムが当然必要である(実行に値する)

8番の “Caution is warranted”はディスカッション・セクションで非常によく見られる表現で“Generalizing our results”「研究結果を一般化する」ことに対する注意を促す際によく使われます。

“Generalize results of the study”「研究結果を一般化する」とはある特定の研究で得られた結果を一般的なものとして、例えば他の国、施設、環境が違う設定に適応された場合でもきっと全て同じ結果になるだろうと思い込んでしまうことを表します。

そういった思い込みをしないよう当然注意が必要であると注意を促す時によく使われる表現です。

8. Caution is warranted when generalizing our results to other cultures or institutions.

この研究結果を他の文化や施設の対象母集団に一般化する際には当然注意が必要である

9番も8番とほぼ同じですがデータを解釈する際に注意が必要であることを表す時にも “Caution is warranted in”または “Caution is warranted when”のかたちでよく使われます。

9. Caution is warranted in interpreting environmental data.

環境に関するデータを解釈する際には当然注意が必要である

最後に“Unwarranted”は10番のように「正当な根拠がない」ことを表す場合と11番のように「保証されていない」「正式に許可されていない」といった意味で使われる場合があります。

10. The indiscriminate use of antivirals in COVID infection is unwarranted.

COVID感染に対する抗ウイルス剤のむやみな使用には正当な根拠がない

 

11. The health claims of dietary supplements, currently on the market in Japan, is mostly unwarranted.

現在日本の市場に出ている栄養補助食品の保健機能はほとんど保証されていない

いかがでしたか?ご質問やご不明な点がございましたら以下のコメント欄にコメントして下さい。

コメントを追加する

あなたのメールアドレスは公開されません。必須フィールドは*マークされています