事業案内

ご挨拶

リンクサイエンスは、事業理念として皆様に顔向けできない英語論文校閲はしないことを掲げております。

そのため代表の私がご依頼頂く英語論文・プレゼン資料など全てを確認させて頂いております。英語論文校閲やその他のサービスで万が一何かご満足頂けない点があった場合も私が直接皆様の研究室にお伺いし最後まで対応いたします。

また、リンクサイエンスは単に英文を校閲するだけでなく皆様が英語が母国語でないハンディを乗り越え、世界の研究者と同じ立ち位置で国際舞台でご活躍できるよう様々な皆様のお困りごとを解決することも理念に掲げております。

英・米・豪の専門家エディターとの緊密なチームワークで皆様が直面されているお困りごとに最善の解決策をご提案させて頂きますので何でもお気軽に日本語でご相談ください。

皆様のお困りごとに対応するかたちで発案した「英語スキルアップ・セミナー」と英文校閲を組み合わせたリンクサイエンス独自の研修の成果が認められ6大学が科学技術イノベーション創出基盤構築事業において文部科学省から最高評価を得ることに貢献しました。

これに甘えること無く、今後も変わらず徹底した顧客目線でお客様の求めるもの・お困りごとに徹底してお応えしていけるようスタッフ一丸となって取り組んで参ります。

リンクサイエンス代表

川上輪子

専門家チーム

以下中枢メンバー以外にも様々な医学系分野、植物生理学、脳神経科学、薬理学、経済学などの専門家エディターが在籍しています。

何でもお気軽にご相談下さい。

川上輪子

代表、統括、マネージング・エディター、研修企画&デザイン
M.S. Industrial/Organizational Psychology, San Jose State University; B.A. Psychology, Cum Laude, Pepperdine University

1973年 岡山県倉敷市生まれ

1993年 レイクフォレストアカデミー高校卒業

1995年 シカゴ芸術大学基礎課程修了

2000年 ペパダイン大学心理学学士号取得 (副専攻 美術)、卒業

2002年~2003年 The Office of Institutional Effectiveness and Analytics, San Jose State University 助手

                                 カリフォルニア州立大学のカリキュラム開発の基盤となるデータの収集、解析, 報告業務を担当する。

2006年 カリフォルニア州立大学サンノゼ校 産業組織心理学修士号取得、卒業

                 Kawakami, R. (2006). Sources of stress among faculty of higher education (Master’s thesis). Retrieved from https://scholarworks.sjsu.edu/etd_theses/3005/

2010年~2012年 熊本大学大学院自然科学研究科 非常勤講師

                                 西日本地区で初めて実践科学英語講座「英語科学論文作成」や「国際学会プレゼンテーション」を開設しバイリンガル講義を行う。

2012年~2013年 九州大学イノベーション人材養成センター非常勤講師

                                 国と企業が研究開発・ビジネスリーダーとして選抜した理工学系の博士課程の学生やポスドクの若手研究者の英語教育を担当する。

2013年2月 リンクサイエンス起業

【著書】 川上輪子(2014).『英語は辞書なしで読みなさい:あなたの人間力を伸ばす究極の英語学習法』学研マーケティング

得意分野 Psychology, Neuroscience, Psychiatry, Nursing, Training and Development, Education, Art, Computer Science, U.S. History
皆様へのメッセージ 私はまだインターネットがなかった1989年、私が高校1年の時よりアメリカイリノイ州の現地高校で例えば「南北戦争はどうして起こったか」についてのエッセーをネイティブと変わらない速度と確実性で英語で書き終わらせられなければ毎回居残りさせられるような英語で高度なライティングをすることが当たり前な環境で成長しました。 大学院では研修や人材育成カリキュラムのデザインに特化したプログラムでアメリカ航空宇宙局(NASA)エイムス研究所の所員がどのような研修を必要としているかに関するニーズ・アセスメント業務をこなすなどの修練も納めると同時にカリフォルニア州立大学の方針やカリキュラム開発の基盤となるデータの収集、解析, 報告を行うThe Office of Institutional Effectiveness and Analyticsで助手としても鍛えられました。それらの専門知識と経験を基に皆様が国際舞台でご活躍される上で本当に役に立つ研修やサービスを全体を見渡して企画し提供させて頂いています。
シニアエディター
Ph.D. Veterinary Medicine, University of Pretoria; M.Sc. Clinical Embryology, University of Leeds; B.Sc. (Hons) Agriculture, University College of Wales, Aberystwyth
得意分野 General Clinical Medicine, Sports Medicine, Clinical Embryology, Autoimmune Diseases, Clinical Nutrition; Agriculture, Dairy Science, Veterinary Medicine.
皆様へのメッセージ For 12 years I have edited manuscripts for scientists with English as their Second Language (ESL) and during this time I have mostly worked with Japanese and Chinese clients. Having authored and co-authored many scientific papers (e.g., Placenta; Reproduction, Fertility and Development; Proceedings of The Royal Society B Biological Science, etc.) myself, I understand what is needed to create an effective manuscript that will meet with the approval of the reviewers. I am also truly grateful that I have been able to complete papers in my native language, and I believe it is important for native English speaking scientists to assist ESL scientists in bringing their important research to a worldwide audience.
シニアエディター
Ph.D. Medicinal Chemistry and Pharmacognosy, University of Maryland, Baltimore; B.A. Biological Science, University of Maryland, Baltimore
得意分野 Organic and inorganic biochemistry, protein chemistry, chemical toxicology, bioelectromagnetics
皆様へのメッセージ I have more than 20 years’ experience in scientific editing across disciplines ranging from cell biology to inorganic chemistry to bioelectromagnetics to electrical engineering and have authored in Journal of Biological Chemistry, Journal of the American Chemical Society, Nature Reviews Cancer, Bioelectromagnetics, etc. Throughout, I have worked closely with scientists who are non-native speakers and writers of English. I am passionate about science, accuracy, and precise messaging.